ポーセラーツとは?

 

ポーセラーツっておしゃれで、憧れる♡

 

みなさまは「ポーセラーツ」ってご存知ですか?

テレビや雑誌、instagramなどで目にしたことがあるかもしれませんが、

白磁に自分好みの絵柄を付け、オリジナル作品を作るのが「ポーセラーツ」です。

 

おしゃれな習い事として人気を集め、新しい趣味を探してる方にオススメです♡

 

自分でも作れたらいいな…!

 

絵付けというと難しいイメージがあるかもしれませんが、描くだけでなく転写紙が使えるポーセラーツなら、初心者でも気軽に始められます。

 

ポーセラーツと絵付けの違い

TO BE BEIGEではポーセラーツと絵付けの両方を指導させていただいています。

 

陶器に絵をつけるという意味では一緒ですが、

「ポーセラーツ」と一般的な「絵付け」との違いは?

簡単にご説明いたします。

 

●ポーセラーツとは?
「ポーセラーツ」は、「ポーセリン(磁器)」と「アート(芸術)」を組み合わせて作られた言葉です。直訳すると、「磁器の芸術」となります。
真っ白な磁器、いわゆる白磁器に自由に絵付けを施し、食器やアクセサリー、小物などを作るハンドクラフトの一つです。

・絵付けとは?
絵付けは、筆と上絵の具(陶磁器用の絵の具)を使い、自分で絵や模様を描きます。

画力や技術がもともとなくても、やっているうちに慣れ力がついてくるにが魅力です。

 


ポーセラーツの絵付けには転写紙を使用します。

「白い陶器にシールでデコレーションをする」というイメージです。


シールを切って貼るだけなので、絵を描くのが苦手な人でも気軽に取り組組むことができ、素敵なオリジナル作品を作れます。


転写紙だけでなく、上絵の具や金を使った装飾をすることも可能なので、

初心者から上級者まで、誰もが楽しめます。

 

何か新しい習い事を始めたいと思っている人は、ポーセラーツを検討してみてください!

 

自分で手作りするオリジナル作品は、心と生活に彩りをもたらしてくれますよ♡